白髪染めトリートメント

いつどこでどのように出会ったかははっきりとは覚えてません。後で思い出しますね。でも出会ってよかったです。初めて使ってみたトリートメントタイプの白髪染めは、利尻ヘアカラートリートメントでした。手袋必須か専用の櫛で染めるヘアカラーに対して、トリートメントタイプの白髪染めは、素手で染められるというのが、まず最初にいいなと思ったところです。お風呂でシャンプーした後にトリートメント感覚で染められるので、新聞紙を敷いたり、生え際にクリーム塗ったりしなくても大丈夫なのでとっても手軽で簡単。放置時間は取らなければならないのはヘアカラーといっしょですが、最初は10分、2回目以降は5分でいいので、湯船で温まっていればすぐに実感は経ってしまう。

というもくろみで使ってみたのですが、思った通りのところもあれば、ちょっとその能書き、良いこと言い過ぎじゃないか、というところもありました。それにあまり意識してなかったメリットもありました。


トリートメントタイプは、ヘアカラーと違って、まず最初の1回目からしっかり染まると思わない方が良いです。個人差もあるとは思いますが、利尻ヘアカラートリートメントは私の場合は2回必要です。もみあげを自然に伸ばしているので、そこのところは2回目でも色が薄い時があります。もみあげが染まりにくいのは、放置している時にかくあせがそこを伝って落ちてくるのでどうしても薄まっちゃうのだと思います。女の人の場合はもみあげはないから大丈夫ですね。

放置時間は長い方が良く染まります。これは何となくわかってたというか、予想通りと言うか。2回目以降は確かに短くても大丈夫といえば大丈夫ですが、それも長くした方が無難です。この辺りは、色々試してみて最適時間を見つけるのがいいかなと。


素手で染めても後で洗えば手についた色は落ちます、という能書きは止めた方がいいかな。確かに良く洗えば、ほとんどは落ちます。でも爪の横のところに残った色は簡単には落ちません。男の私はそのほとんどで我慢できましたが、女の人は我慢できないんじゃないかと思います。そう思って嫁さんに聞いてみたら、素手でやってるって言ってました。女性でもがまんできるひともいるわけですね^^;



あまり意識してなかったメリットというのは、髪の毛がツヤツヤになることです。男の人はたぶん気にしないところだろうと思ってましたが、男でも意外と髪の毛触ってるんですね。手櫛がスーっと通るのは案外気持ちが良いものです。そういえば小さい頃はサラサラヘアーでいいねと言われたことを思い出しました^^;


こんな感じで始まった利尻ヘアカラートリートメント人生。そんな大げさなものではありませんが、髪や地肌にやさしくて、手軽に若く見られるようになるのって、いいもんです( ̄▽ ̄)b






[利尻ヘアカラートリートメント] ブログ村キーワード