白髪染め 市販

市販の白髪染めというと、どの範囲までがその中に入るのでしょうか。ネット通販のものも市販でいいのでしょうか?業務用と区別する意味で市販と言うならば、ネット通販の白髪染めも市販の範疇に入りそうですね。しかし、業務用。そうか美容院で白髪染めもしてくれるから、それと区別してドラッグストアや通販で消費者が自分で購入できるものが市販ということでいいのだな。だんだんそれでいい気がしてきました。

市販の白髪染めと美容院でやってくれる白髪染めの大きな違いは、それに掛る費用でしょう。市販のものが1000円~4000円程度で済むところ、美容院の場合は5000円~10000円ほどはかかります。この差は大きいです。美容院の白髪染めは、自宅で自分で染めるのと違って、鏡の前に座っていれば美容師さんが最初から最後までやってくれますからね、サービス料も当然入ってるわけなので、あんまり安いと逆に仕上がりが心配になったりしますよね。だから、美容院の白髪染めが市販のものに比べて割高なのは、しょうがないことなんでしょう。

市販の白髪染めもドラッグストアなどの店頭で買えるものと、通販でしか買えないものと2種類があります。ドラッグストアなどの店頭で買えるものは、圧倒的にヘアカラーと言われているものが多いです。それに比べて通販で販売されているものは、トリートメントタイプのものが多いです。ヘアカラーはネット通販でも買えるものが多いですが、トリートメントタイプのものになると、ちょっと前まではほとんどが通販でしか買えませんでした。最近はドラッグストアなどでも買えるものが出てきましたが、まだ非常に少ないです。

へアカラーとトリートメントタイプでは、値段の幅がまた違います。ヘアカラーが700円~2000円程度なのに対して、トリートメントタイプのものは3000円~4000円程度です。その値段の差は、トリートメントタイプのものが当たらあしい技術を使って開発されたということもあるでしょうが、毛髪や地肌にやさしい成分で髪を染めるといったところと、髪や頭皮の補修成分が含まれていたり、ヘアカラーがファッション重視的な考え方ならば、トリートメントタイプのものは、健康と美容を合わせて考えている商品ということができるかもしれません。






[白髪染め] ブログ村キーワード