人はなぜ白髪になる

30代前半から白髪はポツポツ生えてきてましたが、そいうのって若白髪って言いますよね。つまり白髪と言うのは基本的には若いうちには生えないもので、加齢と共に白髪が多くなることから老化現象ということになっています。ではどうして30代や早い人では20代から白髪は生え始めるのでしょうか。髪の生える頭皮と髪を生みだす毛穴の部分が先行して老化しているということなんでしょうか。

そこで調べてみたのですが、平均的には30歳前後、女性では35歳前後だそうです。なんだ、結構早いじゃないですか。じゃあ若白髪とか言わなくても良さそうですけどね。しかし、髪の毛の状態と言うのは、若ハゲという言葉もあるように非常に個人差が大きいところでもあるそうです。30歳や35歳というのはあくまで平均であって、やはりそのくらいの歳では白髪が生えていない人が圧倒的に多いので、白髪が多ければやはり少数派の若白髪というわけです。

そんな若白髪も、一気に短時間で増えたり、部分的にに固まって発生するような場合は、病気の可能性も考えられますので注意が必要で病院へ行かれた方が良いと思います。

ノーマルな状態では、メラニン色素を含んだ細胞がそのまま押し上げられて皮質を作るので、毛は黒く見えるのですが、何かの原因でメラニン色素が供給されなくなると白髪になってきます。メラニン色素は太陽から降り注ぐ紫外線から私たちの体を守るために皮膚の表面や髪の毛に含まれているといいます。だったら年をとっても白髪にならなくてもいいのにねえ、と思っちゃいますけど、大元の原因はまだはっきりしていません。色素幹細胞は自己を複製しながら、色素を作る細胞のメラノサイトを生み出していますが、その自己複製機能が失われたのではないかという仮説までは確認されています。

根本の原因が未だ不明でも、恐怖というストレスで一晩で髪の毛が真っ白に変わってしまったマリーアントワネットの例や、食べ物で白髪が黒くなったおばあちゃんの例とか、その仕組みはまだ解明されていなくても、白髪になる原因や白髪を防ぐ栄養素などを類推できる事例はけっこうあります。私も齢を重ねて、白髪が髪の毛の50%を軽く超えてしまった今は、白髪は染めることを中心にケアしているわけですが、日々規則正しい生活を送ることや、ストレスを溜めないように気をつけ、良い栄養素をできるだけ摂るようにして白髪を増やさない生活をすることにも心がけたいです。