白髪染め体験中(^~^)

<お得なお知らせ>
利尻ヘアカラートリートメントが1000円値下げして1本2160円なりました(1/15~)。これでルプルプとほぼ変わらない値段になったので、染まりやすさを考えるとコストパフォーマンスは断トツでしょうね。

利尻ヘアカラートリートメントの詳細はこちらから確認できます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
利尻ヘアカラートリートメント


以下は、使ったことのあるヘアカラートリートメントの色の入り具合を中心にしたランキングです。

ヘアカラートリートメントランキング



1位 利尻ヘアカラートリートメント

>>公式サイトはこちらから

利尻ヘアカラートリートメントは、天然利尻昆布のエキスを配合したヘアカラートリートメントです。
色みの成分も天然植物から抽出している無添加の白髪染めです。

色の入り具合は試したトリートメントタイプの中では一番です。
(2回連続でOK)

1000円値下げにより総合的なコスパも一番でしょう。

1本の値段:2160円(200g)1000円値下げ!(1/15~)
2本の値段:6102円
3本の値段:9275円

>>公式サイトはこちらから

2位 ルプルプ ヘアカラートリートメント

>>公式サイトはこちらから

ルプルプのヘアカラートリートメントは、
天然ガゴメ昆布のエキスを配合した
ヘアカラートリートメントです。

IPS細胞研究のタカラバイオと共同開発で、
頭皮へのやさしさ満足度96%。

最初3回連続で染めるとよく染まります。


1本の値段:1980円(200g) 初回限定
定期便だと初回3240円で2本

完全返金保証付き

>>公式サイトはこちらから

3位 HRKうるプラ美人ヘアカラートリートメント

>>公式サイトはこちらから

HRKの白髪染めは、なんといっても髪の補修成分も含んだ
美容液成分が96%というところです。

トリートメントしながら髪のツヤとコシをアップできるのがうれしい。

利尻ヘアカラートリートメントに比べると、色の入り具合は、
少し回数が必要です。
(3回~4回連続)

1本の値段:3600円(200g)
消費税が上がっても値上げしてないのが偉い!
でもちょっと高めです。

>>公式サイトはこちらから

4位 マリアンナプラス 煌髪(キラリ)

>>公式サイトはこちらから

「染めた方が髪に良かった」と思わせる、
聖マリアンナ大学の皮膚科学研究チームが生んだ
ヘアカラートリートメントです。

1回あたりは200円と、こちらは
利尻ヘアカラートリートメントと同じで、
分量も同じ、1本の値段も同じ。
3本同時に買うと煌髪が少し安いです。

ただ色の入り方はこちらの方が回数が掛かります。
(4回~5回連続)

1本の値段:3240円(200g)
2本の値段:6150円
3本の値段:8740円

>>公式サイトはこちらから

5位 利尻カラーシャンプー

>>公式サイトはこちらから

こちらは利尻ヘアカラートリートメントを作っている
サスティが新たに開発した白髪染めシャンプーです。

単独で使うと色の入り方はほんの少しずつ
濃くなっていくかなというのが使った印象です。

利尻ヘアカラートリートメントと併用すれば、
シャンプーだけで現状維持できるので、
白髪染めがますます簡単お手軽、安全かつ経済的です。

ヘアカラートリートメントと併用すると鬼に金棒^^
ショートヘアで2カ月使ってまだだいぶ残ってました。

1本の値段:3780円(200ml)
初回は2700円

>>公式サイトはこちらから



だいたい55歳前後で白髪が髪の毛の50%になるのが平均と言われていますから、私はどこかで平均を超えていたようです^^;そうなるとかなり白髪~って感じになります。そして、染めてみたくなるんですよね。これって私だけなんですかね。髪の毛が白くなると、脱色せずに色々な染め方ができるんじゃないかとかね(^~^)

そうはいいつつ、何か食生活を改善すると白髪が黒髪に復活しないか、とかも考えているわけで、そんなことどもも調べていこうかなと考えています。

白髪染めは今、手軽さとトリートメント効果が魅力?


シエロやウエラ、ロレアル、ビゲンヘアカラーなど、有名な白髪染めは櫛で染めたり、泡状になるものを手袋をして手で染めたりとタイプも様々なようですが、基本的には2液混合タイプと呼ばれるもので、髪の毛のキューティクルを開いて脱色してそこに色を付けるという仕組みで白髪が染まるようになっています。

この方式の場合は一度染めればほとんど色落ちしないというメリットがあるのですが、その方式がゆえに髪の毛が傷んでばさばさになったり、またアレルギーの原因物質を含んでいるので、染める人すべてがというわけではありませんが、頭皮が痒くなったりアレルギー反応が出たりというデメリットも持っています。

また、染める力が強力なので、衣服についても染まってしまいますし、肌についてもすぐには取れにくいということで、染めようとすると髪の毛以外に色が付かないようにする準備が大変です。そんな中、トリートメントするように染められて、色移りもしないのでお風呂で染められて地肌や髪にやさしくかつ髪の毛の補修効果もあるトリートメントタイプの白髪染めが注目されてきています。

白髪染めも、目立たず自然に染まるのがいい


トリートメントタイプの白髪染めはヘアカラーのようにキューティクルを開いて脱色して染めるのではなく、表面に染料をコーティングすることで色を付けます。ですから商品によって差はありますが、まず1回でしっかりそまるということはありません。2回以上トリートメントしているうちに染まっているという感覚です。

これはトリートメントタイプの白髪染めのデメリットかもしれませんが、逆にいきなり染まって見た目の印象が変わるより、少しずつ染まって行った方が目立たずに自然だと、こちらの方を好む人も少なくないというのが現状です。

こういう点もトリートメントタイプの白髪染めが人気が出てきた理由ではないでしょうか。

白髪染めより新発想touhi業界初という商品も


ヘアカラーで髪を染めて時間が経ってくると、染めたところはしっかり色が付いていますが、時間の経過と共に髪の毛は伸びますから、根元のところが白く目立ってきます。普段の生活では我慢できても、外出する時はちょっと人目がきになるところですよね。そんな時に超手軽にさっとひと塗りして白髪が隠せるタイプのものも出てきました。さらにそれより上を行く新発想ともいうクリームで白髪を予防しようという商品まで出てきました。それがDr.TOUHIです。

これは今アンチエイジングで話題の大豆イソフラボンで頭皮をケアして白髪を予防するだけでなく改善しようという、確かに業界初の商品だと思います。ただこれだと言うまでもなくヘアカラーのように1回で髪の毛が黒くなることはなく、トリートメントタイプの白髪染めのように数回で色が付くというわけでもないと思います。気長に続けることで白髪になりにくくなったり改善したりという効果が得られるものでしょうから、白髪染めと同時並行的に使うのがいいでしょうか。

利尻ヘアカラートリートメント
は1000円値下げになりました。(1/15~)